ダイカスト溶接

アルミダイカストの溶接に成功しました。

アルミダイカストの溶接に挑戦しました。

通常のアルミダイカスト製品は巣がある為、溶接すると小爆発を起こし溶接が不向きであり困難であるといわれています。

弊社のスクイズ法によるアルミダイカスト製品は巣が少ないので溶接することは可能であるのか?又、溶接が成功すればスクイズ法の製品の用途がもっと広がるのではないかと思い、アルミダイカスト溶接の実験に挑戦しました。
知人の協力によりアルミダイカストの溶接が出来る運びとなり、溶接技術も指導していただきました。
巣のある製品はやはり小爆発を起こして穴があき溶接する事が出来ませんでした。

やはりスクイズ法による製品は爆発もなく簡単に溶接する事が出来ました。

アルミダイカスト溶接の強度テストを行いました。

製品に穴をあけ、ワイヤーを通しアルミのインゴットを吊り上げました。
300kgから開始し吊り上げに成功しました。順次500kg、800kgと成功し、ついに1tを吊り上げる事が出来ました。
ワイヤーが細い為1tで中止しましたが、まだいけそうです。

これで弊社のスクイズ法の製品は溶接が可能であり、溶接箇所も強度がある事を実証する事が出来ました。
ISO:9001:2008取得
光輪ダイカスト株式会社
〒672-8079
兵庫県姫路市飾磨区今在家1137-3
TEL.079-234-0007
FAX.079-234-0393

──────────────
◆アルミ合金・亜鉛合金の
 部品製造販売
0
0
1
7
2
6